男女

早い段階で給水管赤錆対策をしてトラブルを事前に回避せよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

照明と安全性

自動ドア

作業灯を利用して、現場の明るさを確保することが出来ると、作業を効率よく進めていくことが可能になります。明るさが不十分だと怪我をしてしまう恐れもあるので注意が必要です。

もっと読む

早めの対策が肝心

ヘルメット

マンションの管理をしているなら、定期メンテナンスの重要性をしっかりと把握しておきましょう。特に給排水設備は定期的にメンテナンスを行なわないと、水の異臭、赤水、排水のつまりといたトラブルを招いてしまいます。また定期メンテナンスを怠っていると、設備の劣化も早めてしまいます。設備が劣化してしまうと補修に必要な費用はメンテナンス費用よりも高額になってしまいます。そしてマンション管理者として恐ろしいのが、不十分なメンテナンスが原因で水環境が不衛生になり、入居者に健康被害が発生してしまうケースです。こうなると管理者としての責任問題にもなるので気を付けましょう。

築年数が経過したマンションの給排水設備のトラブルとして多いものが赤水です。赤水は排水管が水道水に触れることで次第に酸化し発生する赤錆が原因です。赤錆は放置していると、次第に給排水管全体の劣化に繋がってしまいます。つまりは赤水や赤錆の状態を放置していると、補修費用がどんどん増えていくことになります。マンションの給水管赤錆対策としては、とにかく早い段階で手を打つことが大切ということです。赤錆が進行すると、実行できる給水管赤錆対策の内容が限られていきます。選択肢が豊富に残されている初期の段階で適切な対策を行なうことが重要です。

赤錆の初期症状としては、水道水から鉄の味や臭いがする、水の流れが悪くなる、洗面台や便器に赤い筋のようなものが残る、といったものがあります。これらの症状が出ている場合は赤錆が進行しているサインになります。初期症状に気づいたら早いうちに給水管赤錆対策を開始しましょう。

管理者の責任

木

ビルや建物に設置されているフロン機器は、フロン排出抑制法によって定期点検が義務付けられています。しっかりと点検を行なわないと、罰則を受ける可能性毛あるので注意しましょう。

もっと読む

作業用カッパの選び方

マンション

作業用カッパは様々な環境で活躍する優れものです。通常のレインコートよりも耐久性や防水性が高いですし、種類によっては体温調節機能が着いているものもあります。作業する環境に合わせてカッパを選びましょう。

もっと読む