男性

早い段階で給水管赤錆対策をしてトラブルを事前に回避せよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者の責任

木

2015年にフロン排出抑制法が改正され、住宅施設や商業施設で使用されている業務用エアコンの点検の義務化が決まりました。フロンはエアコンや冷蔵庫などの冷媒として利用されている物質で、熱を循環させる上では無くてはならないものです。フロン排出抑制法で対象となっているフロンには特定フロンと代替フロンの2種類がありますが、現在多くの業務用要冷凍冷蔵空調機器には代替フロンが利用されています。この代替フロンは、特定フロンとは違ってオゾン層を破壊することはありませんが、地球温暖化防止を考えると、排出削減が必要な物質に変わりはありません。点検を怠ると、罰則を受ける可能性があるため、設備管理者は定期点検の実施を心掛けましょう。

フロン排出抑制法では業務用抵当空調機器の管理を行なうものに対して、点検の義務を課していますが。まずは自分が管理者に当てはまっているのかどうか把握しておきましょう。フロン排出抑制法では基本的に、フロン機器の所有または管理していて、所有権を持っている人を管理者としています。しかしリースやレンタル製品の場合は少し変わって、リースだと使用者、レンタルだと貸主が管理者になります。そして自己所有はしていなけれど、借りているビルや建物に空調機器が設置されている場合は、借主ではなくビルや建物の所有者がフロン機器の所有者ということになります。ですが、テナント業者が自らフロン機器を設置した場合、建物のオーナーではなくテナント事業者が管理者となるので注意しましょう。